生理痛を少しでも楽に乗り切る方法

毎月生理痛で仕事や学業に支障をきたすほど苦しんでいる方も多くいます。少しでも楽になるために工夫できるところはしていきましょう。基本は血の巡りをよくすることです。具体的な方法を以下にまとめました。

お腹周りを温めて緊張をほぐす

腹巻やひざ掛けなどでなるべくお腹周りを冷やさないようにしてください。冬場はもちろんのこと、夏のクーラーの効いた部屋も生理痛をひどくさせます。お風呂にじっくりと時間をかけて入ったり、ホッカイロなどを利用するのもおすすめです。外から体を温めるようにしてください。

温かい靴下を履いて足先を温めるようにするのも手です。もこもこの靴下やスリッパなどを利用してみてください。また、生姜湯やカフェインの入っていない紅茶などを飲むことで、体の中から温めるのも効果的です。

ストレッチで腰の痛みを緩和させる

タオルを丸めて腰の下に当てるようにして寝ると腰痛が楽になります。生理痛の原因は筋肉が固まることです。ゆっくりと伸ばすことで下半身をほぐすことができます。日常の中では定期的に歩くようにしたり、ストレッチをしてみてください。同じ姿勢でいつづけるよりも適度に動かすことを意識することで、痛みが和らぎます。

生理中に食べたほうがいい血の巡りをよくするもの

血行を良くするために無糖の炭酸水を飲むようにしてください。炭酸水は血の巡りをよくする作用があります。プルーンは鉄分が豊富に含まれているので、不足した鉄分を補うことができます。加熱調理された野菜は体を温めるので温野菜を積極的に食事に取り入れるようにしてください。

砂糖の入った甘い物は控えるようにしてください。砂糖は体を冷やす効果があり、カルシウムやビタミンを除去してしまいます。カフェインの入っているチョコレートやコーヒーもイライラや不安を引き起こす原因になります。

ツボを押して気の流れをよくする

内側のくるぶしから指三本ほど上のところに、「三陰交」というツボがあります。骨に沿って徐々に力を込めてマッサージするようにしてください。尾骨の上、腰椎の下にある仙骨も生理痛に効果のあるツボです。ゴリゴリと念入りに押すと楽になれます。

上記のやり方でダメであれば、産婦人科で処方されるピルを服用するのもありです。値段は1月2~3000円ほどなのでどうしても辛い場合は頼ってみるのもいいかもしれません。

毎月の憂鬱を少しでも楽にするために工夫できることはたくさんあります。いろいろな手段を試すことで自分にあった対処法を見つけてみてください。

ピルの緊急討論

生理のコントロールや、月経異常の治療に使われるピルですが、日本で認可され、婦人科から処方されるピルにはたくさんの種類があります。

平均的に1シート2000〜3000円前後と言われていますが、これはピルが保険適用外の薬のためにこの値段がかかってしまいます。

ピルを初めて服用する時には、一度は医師の指導や診察を受けるのがベストだと思いますけれども、自分に合うピルが見つかったなら、インターネット通販で、普段使っているピルのピル値段が最安値のところで、薬品代のみで入手するのがオススメです。

婦人科では診察代や検査代が含まれるので、どうしても割高になってしまいます。

ピルと言っても、同じ種類のピルの値段はさまざまです。

10円でも1円でも安く、ある程度まとめ買いをすると送料が無料になるところなどを探したいですね。

また、インターネット通販で値段を比べる場合には、純粋に値段だけでなく、実際の購入者のレビューなどがあれば、それも参考にすると良いでしょう。

自分に合うピルの料金と送料がかかる場合、送料がかからない場合でもピルの値段が少し高い、これはなかなか考えると難しい問題ですが、1箱あたりの値段で計算して、安い方がオススメです。

 

現代人の避妊とピル

 

ピルは日本でもようやく確実な避妊方法であり、女性主体の避妊方法ということが知られるようになったことから、多くの女性に使われるようになりました。

ちょっと前までであれば、風俗嬢やアダルトビデオのセクシー女優などからの需要以外は、需要が高くなかったわけですが、現代における避妊に対しての考えの変化や、女性のセックスに対しての認識というものの変化によって、需要が高まっているとも言えるのです。

現代の避妊環境としては、もしも妊娠してしまったら、出産をしても良いというような考えの方と、絶対に妊娠はしたくないと考えている方によっても、避妊の方法は変わってきます。

前者のような妊娠してしまったら仕方がないという程度の考えであるならば、コンドームを装着すること。

そして基礎体温を測り、安全日と危険日というものを把握しておくということで、十分に避妊環境というものは整っていると言えるでしょう。

もしも危険日に膣内射精をされてしまった場合には、72時間以内に緊急避妊ピルを利用するという方法で十分に望みを叶えることが出来るでしょう。

後者の場合には、ピルを利用するか、薬物転化IUS(ミレーナ)を利用する。

それにプラスしてコンドームをつけるというようなことをオススメします。